タカハシシステム : ネタ

駄洒落が気になっています。
Yahoo!ニュース「だじゃれでマナーを 駆け込“マンモス”、迷惑“カンガルー”」

このようなニュースもありますし、改めて駄洒落について考えてみました。真面目に。

イカした街 函館

街でときどき駄洒落を盛り込んだポスターを見かけます。「なんだよ駄洒落かよ」でもいいんです。気になった時点で駄洒落ポスターは成功しているともいえます。
先日、函館へ遊びにいってきたのですが、函館は「イカした街」だそうです。バス乗り場でもらった観光地図には大きく「イカした街」と書かれてます。

(真面目な注釈)函館はイカ漁が有名ですから「イカした街」なんですね。

そういえば自分が高校の修学旅行で函館へ行った十数年前から「イカした街」でした。

こういうのって誰が考えたのか気になります。観光協会の会議で「イカした街で行きましょう!」というプレゼンがあったのかもしれません。

駄洒落の効果

駄洒落にすることでどのような効果があるのでしょうか。感覚的には「覚えやすい」「親しみやすい」など効果がありそうです。

老若男女わかりやすい「笑いのかたち」として用いられてるのかも。シュールすぎると受け入れられる層も限定されますからね。

駄洒落のまとめ

では「駄洒落を考えよう!」と頭を捻ってみても、簡単に思いつくものではありません。駄洒落にも「センス」や「コツ」が必要そうです。
こういうときはインターネットの力を借りることにしましょう。駄洒落関係のサイトをまとめてみました。

■診断編

駄洒落診断テスト
あなたの駄洒落度を診断できます
■知識編

ダジャレナビ
驚異的なダジャレ数「駄洒落のポータルサイト」
ダジャレステーション
クールなデザインの「駄洒落総合サイト」

だじゃれの世界
モバイル版もあります。

スーパーベーシックだじゃれ
大きな文字で駄洒落が表示されるのはズルい。
■応用編

悲しいダジャレ
お笑い芸人「さま~ず」のネタ「悲しいダジャレ」のまとめです。大好き。
ダジャレ英語ドットコム
英語のダジャレはいかがでしょうか?
英語のダジャレを探しています(教えて!goo)
このような質問もあるんですね。さすが「教えて!goo」なんでもあるな。
■研究編

ダジャレ研究家「多治家礼」教授のサイト
ダジャレ研究家という方もいらっしゃるのですね。著書多数!
■番外編

Google ダジャレサーチ
Googleのエイプリルフールお遊び企画です。

最後に駄洒落をひとつ

うーん。いくつか締めの駄洒落を考えましたが、あまりに寒いため自主規制させていただきます(笑)

暇つぶしに最適で、暇じゃないときでも見てしまう「デイリーポータルZ」からの記事。

スジャータの花言葉コンプリートを目指して
http://portal.nifty.com/2008/05/26/a/

楽しく拝見してるのですが、ライターさん大変そうですよね。そんな心配してしまうほどに「最高にくだらない(良い意味で)」記事ばかりです。ネタ切れになるんじゃないかと心配ですが、まだまだ尽きなさそう。

そして「スジャータの花言葉をコンプリート」の記事です。「やってみる」ことはなんて素晴らしいんだろう。「思い立ったが吉日」ですから。ちなみにオフィシャルサイトで、全ての花言葉が確認できます。

スジャータオフィシャル(花言葉一覧)
http://www.sujahta.co.jp/item/hana-c/hana-cindex.htm

GoogleAdsenseを使っていて前から気になっていたことがあります。ログイン画面に表示される「バラ、デイジー、その他」ってなんなんでしょうか?

02.jpg

「seedsandsaplings.com」というドメインなのですが、なぜこのドメインなのか、なぜ「バラ、デイジー、その他」なのか。Googleの担当者さんが見ていたら教えていただきたいものです。

閑話休題

ここで調査をやめておけばよかったのですが、うっかり「seedsandsaplings.com」にアクセスしてしまったのです。

リュックを背負った謎の女性

アクセスすると「お馴染み」の「あの謎の女性」が登場します。リュックを背負った彼女です。恐らく見たことある方も多いのでは?
03.jpg

取れないドメインと謎の団体

このドメインを「お名前.com」などで空いているか検索してみます。すると「このドメインは既に取られている」と表示されます。サイトを見てみると「This domain may be for sale. Buy this Domain」と書いてあるので、どうやらドメイン自体を販売しているようです。

進んでみるとフォームが表示されます。ここで「acquirethisname.com」というサイトの存在が明らかになります。

04.jpg

しかし「acquirethisname」で検索してみても、詳細な情報を日本語で得ることが出来ません。いったい「acquirethisname」とは何者なのでしょうか?あの女性は誰なのでしょうか(たぶん素材集)

わずかなヒント

めげずに検索していると以下の記事に突き当たり、コメント欄に有力な情報がありました。

http://q.hatena.ne.jp/1197534375

更新を忘れた際に海外SEO業者らしき人物に取得されると出てくる画面です。

なるほど、そのような話を聞いたことあります。このページで表示される広告の数々は「SEO対策」として掲載されてるんですね。そりゃそうか。

最後に余談

そういえば「バラ、デイジー、その他」の画面に表示されてるキーマンズネットさん、サイボウズさんはラッキーですね。


  • 2008年5月の人気記事


  • Advertisement



  • 欲しいものリスト