タカハシシステム : NHKスペシャル「沸騰都市」 ナキール社からドバイを見る

大河ドラマ「篤姫」からの流れでなんとなくみたNHKスペシャル「沸騰都市」とてもすばらしい内容でした!これは受信料払うのも納得のでき。摩天楼の隙間を縫うような映像には鳥肌が立ちました。

「沸騰都市」というネーミングもいいですね。世界中の熱源(マネー)が狂乱のごとく集まる様は、まさに沸騰。

海のナキール

番組はドバイ開発のキーマン「ナキール社」のトップに密着しながら進みます。かなり大物をブッキング・・・さすがNHKです。従業員にボーナスの明細を手渡すシーンがあるのですが「ゼロが2つ違うんじゃないですか?」と絶句する社員の顔が面白い。いったいいくらなんだ!?

画面は大規模な開発と土地バブルに沸く人々、そしてその裏側を淡々と捉えていきます。

ナキール社が開発する世界最大の人口島(予定の)パーム・ジュベルマリは6兆円規模のプロジェクトと、規格外のスケールです。同規模のプロジェクトが複数平行しているというのですから驚くほかありません。

土地代も人件費も異なるので比較は意味ないかもしれませんがWikipediaによれば第二東名の総事業費が7兆円。関西国際空港の総事業費が1兆5600億円とのこと。ナキール社のスケールたるや。

砂漠にかえる

特集の後半、ナキール社トップが砂漠で祈りを捧げるシーンが映されます。そこで語った「全てを失ったら、砂漠にかえるだけ」という言葉が印象的でした。その熱狂も潔さも、すべてが遠い世界のことのように思えます。

しかし世界は繋がっているのです。ひとつ沸騰する都市があれば、その影響は世界中に及びます。冷え切ってしまう都市もあるでしょう。今後番組では、その辺りの功罪についても触れられそう。次回以降もチェックしたいです。


NHKスペシャル 沸騰都市
http://www.nhk.or.jp/special/onair/city.html

ナキール社
http://www.nakheel.com/

ザ・パーム・ジュメイラ
http://www.thepalm.ae/

実は見かけない、アラブの大富豪 (ヴィレッジブックス新書 12)
アラブの大富豪 (新潮新書 251)

同じカテゴリーの記事

twitterやってます。フォローいただけたら嬉しいです!