タカハシシステム : 未分類

カテゴリー ‘未分類’

DSC_8860_2

夏休みということで北海道にふらりと。父が北海道の人間なので、慣れ親しんでいる土地といえばそうなんですけど、なかなか1人で行動することもできないので、こうやって自由に旅行するのは初めてのこと。

そんなこんなで旧住友赤平炭鉱を見学してきました。なんで赤平だったのかというと、さきに立ち寄る予定があった富良野から、宿泊地の札幌まで帰る途中にあるちょうどいい炭鉱だったという…そんな理由で申し訳ない。でも行ってよかった。

富良野から赤平までは広めの山道を1時間くらい。その途中には滝里ダムもあります。札幌までは高速道路を使って1時間半くらい。札幌からも旭川からも遠くない距離です。

見学するにあたって「赤平コミュニティガイドクラブ TANtan」のお世話になりました。案内してくださったのはTANtan代表でもある元炭鉱マンの三上さん。見学などの情報は以下のFacebookページで確認!

https://facebook.com/zuriyama/

DSC_8781

やぐらが印象的。やぐらに付いている滑車にワイヤーを通して、巻上機でケージを引き上げるわけです。映画とかでカゴに乗って立坑を降りていくシーン見たことありませんか?あれです。しかも深さは650mもあるそう。スカイツリーが入ってしまう深さ…。設備のポテンシャルとしては1000m超を想定されているとか。

DSC_8848

巻上機の操作室。メモリが1100mまである。

DSC_8862_2

やぐらを下から(ちょっと迫力が伝わりづらいかな)

ケージは「秒速12m、時速なら40kmくらいかな~」と仰ってたので「速いですね~」なんて頷いてみたものの、実はあまりピンときてなかったんです。で、調べてみると、秒速12m=分速720m。ランドマークタワーに設置されてる、日本最速エレベーターが分速750mですから、ほとんど変わらないんですよ。は、はやい!

DSC_8805

当時の全体図。こんなに広かったのか。

深さや速さもそうですけど、坑道の総延長は200kmもあったんですよ。なんかもう数字だけで飯が食えるというか、スケールに興奮します。

DSC_8852

向かって左側の壁に置かれているのが当時使っていたケージ。このケージは4段になっていて、1段に18人=合計72人も乗れたらしい。実際に乗せてもらった感想としては、ちょっとキツそう。「これ18人も乗れるんですか?」と質問したところ「うまくできてるんですよ」と三上さん。そうなのであろう。

当たり前ですけど、ケージは石炭を引き上げるための設備でもあるんですよね。「1時間に30往復くらいしてた」そうなので、空の炭車を乗せて、満載の炭車を引き上げて降ろして、さぞ賑やかだったんだろうな。

施設をよくぞ残してくれたと感謝したくなりますが、残さざるを得なかった理由もあるのでしょう。

DSC_8822

閉山日は2月なのに、立坑に掲げられているプレートには5月12日と書かれてます。これは「完全に密閉」しないと閉山されたことにならないから…だそう。まだまだ石炭は埋蔵されているといいますし、硫黄のような匂いがします。ガスが出るのです。

石炭もガスも埋まっている。それらを活用する研究に少しでも予算がまわってきたら…。そんな切なる願いもあるようです。閉山しても鉱山は鉱山なのですね。

DSC_8841_2

2階に上がって、これが巻上機。とにかくデカいんですよ。どんだけパワーあるのか。住友には造船技術がなかったので、造船技術に優れた三菱造船が巻上機を製造。造船技術って色々なところで活かされてますよね。炭鉱の設備までそうだったとは。

DSC_8835_2

このロゴかっこいい。

DSC_8849_2

電話かわいい。

DSC_8863

そして、当時の機材を保管している倉庫に移動。すごくドリル。ドリルで削って、下のアームで掻き集めるんですよ!こうやって実際の機材を目の前にしながら、当時の話を三上さんから伺います。三上さんは救護隊に所属されていたので、どうしても事故の話に触れることになります。

閉山に直結する規模の事故はなくとも、3名が死亡する大きな事故はあったらしい。なにが起こるかわからない現場。そこで4000人近くが交代で24時間働いているわけですから、悲しい事故だっておこります。

DSC_8877_2

これは、かぶってバルブをひねると新鮮な空気が袋の中に充満されて、しばらく待機できるというもの。そのほか、パニック状態になっても出口がわかるよう、線路を固定する釘をハの字にとめて、出口の方向をあらわすサインにしたり。少しでも事故を防ぐ規則や工夫と、少しでも被害を抑えるための技術や体制があったわけです。

DSC_8878

あと「救護隊は志願制なんですか?」と質問してみたところ、どうやら上長からの推薦らしい。つまり選ばれし者たち。いざというとき命を預ける存在ですから…その責任は重たい。最後に救護隊のバッヂを見せてもらいました。かっこいいぞ!

見学させていただいた様子を、こうやってわざわざブログに書いているのは「なにか協力したい!」という気持ちになってしまったからなんです。もちろん御礼として募金箱に(多くはありませんが)寄付しましたよ。それだけじゃ足りない気持ち。

物見遊山気分で訪れたのに、応援したくなるものができた。こういう観光って素晴らしい。所詮よそ者ですけどね。よそ者なりに、少しでも関われたらいいじゃないですか。

ということで、最後にもういちど「赤平コミュニティガイドクラブ TANtan」のFacebookページを!今度はお祭りやってるタイミングで遊びにいってみたいな。

https://facebook.com/zuriyama/

金沢 大野の醤油

2013年11月27日

DSC_0140

金沢の大野というところに行ってきました。 金沢って醤油が有名なんですよね。大野には全盛期60もの醸造所があったらしい。

醤油についてWikipediaで調べてみたらめちゃくちゃ面白い。そもそもどうやって醤油が生まれたのか諸説あるし、明治のころには「醤油税」なるものがあったとか。種類は「こいくち」「うすくち」「たまり」「さいしこみ」「しろ」に分類される、などなどボンヤリとしか知らないことばかり。

醤油(醬油、しょうゆ)は、主に穀物を原料とし、醸造技術により発酵させて製造する液体調味料であり、日本料理における基本的な調味料の一つとなっている。

引用元:wikipedia「醤油」より

北陸では旨味のある醤油が好まれたので旨み調味料の含まれた醤油がメジャーになったそう。最も古い醸造所のひとつ直源醤油さんのショップに訪れて、色んな醤油を味見させてもらいながら、いくつか買ってかえりました。

DSC_0165

手ぬぐいと、使わなくなった醤油のラベルを再利用したメモ帳。かわいい。

店員さんに「なんで醤油づくりが盛んになったんですか?」とざっくり聞いてみたところ「前田藩と北前船じゃないですか?」と教えてくれました。人口が多いとカネとモノが集まってくる。そしたら調味料=醤油が必要じゃないですかと。

なるほど。いろんな条件が揃ってたんですね。なんかしらの産業が集積するには理由があるものです。おもしろいぞ!

江戸川の花火大会に行ってきました。(キレイじゃないけど)やたらダイナミックな写真が撮れたのでメモ。

江戸川区花火大会2013
市川市民納涼花火大会 

江戸川区・市川市の共同開催。「たまやー」「かぎやー」という掛け声で有名な鍵屋さん(宗家花火鍵屋)が手がけてます。

DSC_5598

DSC_5599

DSC_5600

DSC_5601

DSC_5602