Traffic optimization

タカハシシステム(旧技術関係ブログ) : お店

カテゴリー ‘お店’

かぼ天の店なかそね

2015年8月12日

(ちょっと前になりますが)沖縄に行ってきたので備忘録として。

今回の滞在は北部に予定が集中していたので、そこまでの間(中部らへん)で寄り道できそうなところを探して訪れてみました。そのひとつが「かぼ天の店なかそね」というサーターアンダギーなどを販売してるお店です。

レビューサイトでも評判いいですからね。あんまり沖縄のこと詳しくありませんし、ネットの情報を全力で頼っていきます。

かぼ天の店なかそね
http://tabelog.com/okinawa/A4703/A470301/47015486/

空港から向かう

お店のある沖縄市胡屋を目指して那覇空港から高速道路に乗ります。「沖縄は走ってる車の速度もゆったりしてるな」「建物も南国って感じだ」など頭に浮かべながら車を走らせて30分くらいで最寄りの沖縄南インターに到着。

そこから一般道におりて少しだけカルチャーショックを受けます。道路沿いの店舗がアメリカン(ざっくりした印象)なんですよ。それもそのはずで、すぐ西側には極東最大の空軍基地といわれる嘉手納があるのです。

沖縄の方にとって基地が身近なものという感覚が少しだけわかります。曜日や時間帯が違ったら、また景色が変わるのかもしれません。そんな興奮と共に「かぼ天なかそね」を探します。

お店を探すときは注意!

どうやら元々あった場所から移転されたらしいので、手元にある情報が正しくない可能性があります。最新の情報を!うっかり迷ってしまったので電話で場所を確認しました。慣れない道を行ったり来たりしながらなんとか到着。電話対応してくれたご主人が暖かく迎えてくれます。

お話を伺う

早い時間の到着ということもあり、他にお客さんがいなかったので、色んな話を聞かせてもらいました。

「かぼ天」という名前の通り、ここのサーターアンダギーはカボチャを使用してます。そのレシピは「おばあのおばあ」が考えた歴史のあるものらしい。

とある有名な方(名前は伏せます)が沖縄旅行した際に、お連れの方が差し入れたところ、帰りに「あのサーターアンダギーをお土産にしたい」と所望されたとか。

米軍の方がハロウィンに大量購入して、半分に割ってホイップクリームを乗せて食べるという話も面白かった。アメリカ人にとってドーナツはソウルフードみたいなものだから、生活の中に取り入れて馴染んでもらえるのは嬉しいと仰ってました。

あと、あんまり地元の人はサーターアンダギーを食べないので、近所の小学生がおやつに買いにきてくれるのが1番嬉しいという話も。

ぜんざいの話

夏限定で「ぜんざい」を出してるから夏になったら食べにおいでとオススメされました。ぜんざいといったら、小豆のやつを想像しますけど、沖縄で「ぜんざい」といったら、甘く煮た金時豆にカキ氷をかけたものみたい。

しかも男性が好んで食べるらしい。土木作業してる屈強な男たちが、ぜんざいを掻き込んでるのは良い光景だそう。なんかいいですね。

サーターアンダギーを食べる

ということで揚げたてをいただきます。すげー美味い。いわゆる自然な甘み。揚げてあるのにしつこくない。シンプルな食べのものなので細かく説明するのが難しいですね…。とにかく美味い!

甘さが足りないならハチミツやマーマレードを付けてもいいよと仰ってましたが、このままでも抜群にうまい。マヨネーズもイケるらしい。ちょっと油が馴染んだぐらいのほうが好きな人もいるとのこと(たしかに…宿に帰ってから油の馴染んだものを食べてもうまい)

のんびりするために沖縄行ってるんですから、ちょっと寄り道するぐらいOKなんですよ。行ってよかった!去ろうとしたら次々とお客さんがやってきたので人気店なんですね。

そんなサーターアンダギーをモグモグ食べながら次の目的地へ向かいます。

IMG_0808

断言できる。銀座ルノアールのある街は素晴らしい。辛いことがあっても、おしぼりで涙を拭えばいい。楽しく語らえば、お茶も出てくるさ。

戦いの場でもある

ルノアールはリラックスするだけの場所ではなく「戦いの場」という側面もあります。

静かに資料に目を通すサラリーマン風の男性。商談を控えて活発に意見を交わすスーツの集団。和やかに鋭く商品を説明する保険の営業マン。淫靡な雰囲気漂う謎の面接。街の活力が集結しているかのようではないですか。

優しく迎え入れてくれる

ルノアール独特の書体で書かれたロゴは不思議と街に合います。穏やかな商店街で緩い光を放つ店舗。駅前のビルに堂々と構える店舗。喧噪の中に非武装地帯のように存在する店舗 … どれもが優しい。

何故惹かれるのか

もちろん他の喫茶店やカフェを利用することもあります。なぜこんなにもルノアールに惹かれるのでしょう。

理由の1つは「仕事をする人のために」という思いが伝わってくるからかもしれません。貸会議室を併設している店舗も多く、ネット環境も充実してます。電源が利用可能な店舗だってあります。

ほどよい緊張感

学生の頃は少々高めの値段設定が足を遠ざけていたのもありますが、ルノアールは「なんとなく」怖かった。

それは「戦いの場」という雰囲気からくるものだったのかもしれません。今では、その場に身を投じていることが心地いいから不思議です。

Edyで安くなる

最後に、ルノアールヘビーユーザーならばEdyでの支払いがオトク → 10%OFFになります。簡単に作れるのでオススメです。(ルノアールEdyカードに関するご案内

※別にルノアールから広告費をいただいた書いた記事ではありません。溢れ出すルノアール愛。ベローチェ編も考えているので乞うご期待。

焼豚のうまい店として有名らしいです。行ってみたいぞ!ということでメモ。

肉のたかさご

焼豚が大好きなんです。年末にボーナスが出たら奮発して焼豚を1本買って帰るくらい。そのまま食べても良し、ご飯に乗せても良し、チャーハンに入れても良し、ラーメンに乗せても良し。最強ですね。

少し前のアド街で特集していた「浜町」で行きたいお店をメモ。
そろそろ暖かくなってきたので手拭いが欲しいのです。

濱甼高虎
http://www2.gol.com/users/ip0611031455/

濱甼高虎の紹介記事(PingMag)
「濱甼高虎」店主 高橋欣也 – 特集

「合財袋」も良いですね。
GWは遠出すると混んでそうですので、近場で過ごそうかなと考えてます。
その候補のひとつです。

先日、駅の近所にある行きつけの喫茶店がなくなりました。
ちょっとしたことですが、これがかなり困っています。

新たな行きつけを探して、別の喫茶店を開拓してみたりしましたが、
そう簡単に「しっくり」くるものでもありません。
そんなときはルノアールの安定感がありがたいものです。

比率的に「カフェ」が増えてるような感じがするのですが、
どうなのでしょうか?

やはりサラリーマンには喫茶店が似合うと思うのですが、
古い考え方なんでしょうかね。。。

—–

喫茶室ルノアール
http://www.ginza-renoir.co.jp/renoir/index.htm