Traffic optimization

タカハシシステム(旧技術関係ブログ) : 「テトぐるみ」を作ってみました。

「テトぐるみ」を作ってみました。


2009年2月1日 
このエントリーをはてなブックマークに追加

局地的に大ブーム到来中の「テトぐるみ」 かわいいです。

【テトラファン必見】テトぐるみ!:「住宅都市整理公団」別棟
「テトぐるみ」がかわいい:デイリーポータルZ

追記(2011年2月):本記事中で参照している記事・ブログは削除されています。現在テトぐるみは再販されています。テトぐるみ公式ブログ

通販(2009年1/31現在売り切れ中)を見て「欲しいぃぃぃ」と絶叫。
せっかくならばまず作ってみるか・・・ということで作ってみました。

結論として・・・
手作りも良いのですがプロの方が作ったものも欲しくなりました。。。
そして作るには、なかなか難易度の高い部分も。。。

では「テトぐるみ」完成まで・・・続きます。

==========================

まず、こちらを参考にしました。
「首謀者の一人、杉浦さん」のブログです。
「テトぐるみ」の作り方

杉浦さま、ありがとうございます(感謝)
では進めていきます。

追記(2011年2月):テトぐるみ公式ブログ 型紙

1.材料を用意します。

今回はフェルトを用意しました。綿も用意します。
「コンクリ感」を意識しながらフェルトを探すのは初めてです。

2.型紙を印刷する

A4サイズで印刷すると、通販のモデルよりも小さめになります。
家のプリンタではA3が刷れないので、とりあえずA4で進めます。
(結果ですが・・・ちょっと大きめの方が良いかもしれません)

3.厚紙に型紙を写す

s-r0013542

量産を可能とする型紙作りです。胸が高鳴ります。

4.型どりをします。

まるでパズルのような作業。
40cm×40cmのフェルトだと、側面部分だけで一杯一杯。
少し小さめのフェルトで丸の部分だけを型どりしました。

5.切ります×4

マチを残してざざっと切ります
ちゃんと均等にマチを取らないと後悔します。。。

6.足を一本ずつ縫います×4

「外側を縫う⇒丸の部分を縫う」とした方がスムーズです。
この辺りで少し肩がこってきます。ひと休憩しましょう。

7.足を全て縫い付けていきます。

ここで考えすぎると軽いパニックに陥ります。
まさにアクロバティック!心が折れないように。
頭の中で出来上がった際の喜びを思い浮かべて、
モチベーションを保ちましょう。

正四面体」を作るイメージで。
「頂点と頂点」「谷間と谷間」を呟きながら縫い合わせます。

最後の一辺を残して全て縫います。

8.綿を詰め込みます

テトラポッドの抜け殻のようなものが完成しました。
さあ、あとは綿を詰めて口を閉めるだけです!!

完成を目の前に気持ちがはやります。
あまりに気持ちがはやってしまい、この部分の写真が
残っていません。。。

9.口を綴じます

目の前には、少々いびつながらも愛しい「テトぐるみ」。

後は好きなだけ、この作業を繰り返して、
「テトぐるみ」に部屋を占拠されていきましょう。

==========================

ひとつ作れてしまうと頑張ればコツコツ量産できそうです。
「量産」・・・甘美な響きですね。

ただ、自分で量産するのには限界あるな・・・というのは確かです。
「では商品化してしまう」というパワーには、頭が下がります。

無いんだったら作ってしまおうイズム、素敵です。
自分も色々と量産してみたくなりました。


[関連記事]

仲間が出来ました。
テトラ熱が高まる ミニチュアテトラ テトラ消しゴム テトラ模型

同じカテゴリーの記事

twitterやってます。フォローいただけたら嬉しいです!