Traffic optimization

タカハシシステム(旧技術関係ブログ) : 街関係

カテゴリー ‘街関係’

車を持ってないので、折り畳み自転車を担いで川崎の工場を訪れてみました。京急大師線の終着、小島新田を起点にします。京急川崎から10分ぐらい。川崎駅からバスで行ってもよかったんですけど、輪行するなら広い電車の方が安心。まずは川崎浮島JCT方面を目指します。

DSC_7935-1

神奈川臨海鉄道の末広町駅。そろそろ漂ってくるコンビナート臭。

DSC_7937-2

タンクかわいい。

DSC_0251-1

こんな感じで向こう側に見えてくると気分も高揚してくる。

DSC_7950-1

道の反対側にも工場。モノレールに乗っていると対岸に見えるエリア。

DSC_0252-1

浮島JCT付近の有名な例の場所へ。浮島バスターミナルが近いので三脚を抱えた人の姿もチラホラ。

DSC_0255-1

ちょっとアップ。

DSC_0272-1

遠くから。

DSC_0262-1

よってみる。

DSC_0267-2

こちらもアップ。

という感じで浮島近辺までやってきました。長くなりそうなので続きは「自転車で川崎2」へ!

ルート


より大きな地図で 小島新田から浮島 を表示

DSC_0137

 レインボーブリッジの下を疾走するジェット船を発見。かわいい。

DSC_0137_2

ちょっとだけ拡大。はやそう。

あんまり船のこと詳しくないので調べてみたら、このジェット船はボーイング社が開発したものなんですね。正式名称は「ボーイング929」という。ボーイング社が船作ってるのかーという驚きがありますが、確かに「海を飛ぶ」わけですから得意分野といえばそうなのかも。

川崎重工がボーイング社のライセンスを受けて製造しているようです。
ジェットフォイルは、なぜ、“海を飛ぶ”のか? | 川崎重工

東京だと東海汽船によって竹芝から大島や神津島への航路があるみたい。
ジェット船 | 東海汽船
セブンアイランド友就航 | 東海汽船

どんだけ速いのか

速度が「約45ノット=時速約83キロ」といわれても他の船と比べてどれだけ速いのかわからない。

世界最大のコンテナ船(2013年10月現在)EMMA MAERSK(EMMA MAERSKを「ライブ船舶マップ」で確認)が20ノット=時速37キロぐらい。新日本海フェリー運航の「はまなす」で30.5ノット=時速約56キロ。そして競艇のボートが時速約80キロぐらい。

というかそもそも「船」に速度は求められていないだろうし限界もあるんだろうな。それにしてもジェットフォイルは速い。

いつか乗ってみるために

東京以外で乗るかもしれないしジェットフォイルを運行している海運会社一覧を…といいながら各社のWebサイトをを眺めてたら1時間ぐらい経ってた。。東京にいると意識しないけど船が必要なエリアって多いんだな(以下、すべて2013年10月現在のデータです)

佐渡汽船
新潟から両津までの航路がジェットフォイル。佐渡行ってみたい(佐渡観光協会)ちなみに佐渡へは新潟空港から佐渡空港まで新日本航空を使って行く方法もある。

九州郵船
博多から壱岐・対馬への航路がジェットフォイル。対馬も行ってみたい(対馬観光物産協会)ちなみに壱岐・対馬へは長崎空港からオリエンタルエアブリッジを使って行く方法もある。

九州商船
長崎から五島への航路がジェットフォイル。五島も行ってみたい(五島市観光協会)五島へは長崎・福岡からオリエンタルエアブリッジで行ける。

鹿児島商船コスモライン
鹿児島・指宿から種子島・屋久島への航路がジェットフォイル。屋久島も種子島も行ってみたい(屋久島観光協会)(種子島観光協会)ちなみに種子島・屋久島へは鹿児島空港からJALJACで行ける。

JR九州高速船
博多から釜山までの航路がジェットフォイル。 というか博多から釜山まで近い。釜山なら東京からだと飛行機で行った方が近いので使う機会はなさそう。

というわけで

大島、神津島、佐渡、壱岐、対馬、五島、屋久島、種子島に旅行するならば選択肢に入ってきそうですね。近そうで遠い大きめの島にはちゃんとジェットフォイルの航路がある感じ。あんまり「島」に興味なかったけど、少しだけ気になってきました。

そろそろ涼しくなってきたので自転車で三鷹の自宅から「ひばりヶ丘団地」と「東久留米団地」まで走ってきました。気軽に行ける範囲の団地も、どんどん建て替えが進んでるなーとしみじみ。

公団ひばりヶ丘団地 | 公団ウォーカー
公団東久留米団地 |  公団ウォーカー 

DSC_7524-8-2

ひばりヶ丘団地。スターハウス残ってる。管理事務所として使われてるそう。

DSC_7520-5

テラスハウス(118号棟)も残ってた。

DSC_7522-6

もう給水塔はありませんでした。団地日和というDVDで以前のひばりヶ丘団地の姿をみることができます(一緒に収録されてる「団地への招待」も必見)

DSC_7543-4

そして東久留米駅方面に向かうため「たての緑地」へ。中島飛行機から独立した)中島航空金属の引込線跡らしい。

旧中島航空金属田無製造所専用線跡(たての緑地) | Natrium’s

中島航空金属への引き込み線 | 思い出鉄道紀行

DSC_7548-6

鉄塔充

DSC_7534-3

鉄塔充

DSC_7569-10

鉄塔充

DSC_7575-13

鉄塔充

DSC_7600-12

そして東久留米団地。

DSC_7630-22

商店街ガラン。

DSC_7629-21

楽しい お買物

DSC_7640-25

壊してる。

DSC_7669-35

フェンスに囲われてる

という感じでグルリとまわってきました。古い建物が無くなるのは寂しいし、建て替えに伴う問題もあるんだろうけど、住んでる人が楽しそうな休日の光景にグッときました。やっぱり団地っていいな。

後に予定が控えていたので、もうちょっと周囲をまわりたかったけど断念。走行距離22km、3時間ぐらいの旅でした。

なんとなく東陽町から海に向かって歩いてみました。東京オリンピックに向けて大きく変わるであろうエリアです。

それでは、写真で振り返ってみます。

DSC_7174-1

東京メトロ東西線車庫の車庫。車庫の屋根が東西線カラーなんですよ。

DSC_7196-1

京葉線が地下から出るところ。

DSC_7223

汐見運河。このへんは運河だらけ。

DSC_7256-1

辰巳あけぼの住宅。かっこいいV字型。ロケーションも含めて大好き。

DSC_7272-1

辰巳一丁目アパート。とっても有名な団地です。立ち寄ると日没前に次のスポットに辿り着けないので外側から眺めます。

DSC_7325-1

辰巳ジャンクション。都心にある江戸橋JCT・箱崎JCT・両国JCTなどは「入ってくる大量の交通を捌いてるダイナミックさ」という感じで、すこし都心の外側にある辰巳JCTなどは「内と外に大量の交通が流れるダイナミックさ」という感じ(なんのこっちゃ)

DSC_7389-1

曙運河・あけぼの水門。

都内を歩くたびに、住戸の供給とか交通網の整備とか「東京って(都市って)よく出来てるな」という当たり前のことに感心します。

いろんな事情で、うまくいってなくても、なんとか折り合いをつけて支えてくれてます。

東京オリンピックに向けて大きく変わるだろうし、その先にあるインフラの老朽化とか人口減少の問題などなど、都市を最適化しなくちゃいけないことは沢山ありそう。

そんなことを考えながら歩いてました。

17号線沿いの給水塔

2013年9月25日

17号線を走っていたらカッコいい給水塔を発見したので寄り道。上尾シラコバト住宅です。

DSC_7068

どうやらこの写真の24号棟は解体されるみたい。

DSC_7069-2

外からちょっとだけ撮影させていただきました。