タカハシシステム : 小説を書いてた思い出

小説を書いてた思い出


2010年10月16日 
このエントリーをはてなブックマークに追加

知人が作家になるべく小説を様々な賞に応募しています。学生のころ、自分が書いていた小説まがいのものを思い出しました。

どんな内容か(黒歴史開陳)

どんなものかというと「ある電車(中央線の高尾行き)に乗ってる人物の行動履歴を短い文章で書く」という内容でした。「学校帰りに新宿のゲームセンターに寄って高円寺で降りて新星堂に寄って帰る」という感じで、淡々と乗車してる全員分書くのを目標にしてました。ちょっとしたドラマもあったり。

いま続きを書いたら、Googleマップとストリートビューがありますから、昔より具体的に書けそうですね。

他人になった視点でものごとを考えてみるのは楽しいので、完成させてみようかな。

同じカテゴリーの記事

twitterやってます。フォローいただけたら嬉しいです!