タカハシシステム : 4月 2008

Archive for 4月, 2008

なんとなく「すごいブログ」と検索してみると、すごいブログを紹介する「スゴブロ」というブログを発見しました。有名なブログみたいですね。

どうやら「このブログがすごい」という本を出版された岡部さんというライターさんが書かれているようで、さすが読みやすくて面白い!星の数ほどあるブログの中から「すごいブログ」を探す労力には恐れ入ります。

安心したい気持ち

「この○○がすごい」というシリーズは、宝島社の「このミステリーがすごい!」が元祖だったと思います。「このブログがすごい」も宝島社です。

それにしても「この○○がすごい」というシリーズは大人気みたいですね。ランキングだったり、お墨付きがあると安心する気持ちはわかります。ときには自分で探す手間を省いたほうが効率よかったりもします。

自分なりのスゴブロ

僕もそのうち「自分なりのスゴブロ」を紹介してみたいですね。そのランキングが誰かの役にたつかもしれませんし。こんな末端ブログのお墨付きじゃ安心感ないかもしれませんが…。


[関連サイト]
アジャイルメディア・ネットワーク

基本的に携帯電話の目覚ましでスッキリと目覚められるのですが、どうしても早起きが必要なときは目覚まし時計を併用してます。その昔、PCに目覚ましソフトをインストールして使っていたころもあります。そこでふと気になったので、最近の目覚ましソフト・サービスを調べてみました。

フリーソフト

目覚ましソフト

とてもシンプル。動画を目覚ましにセットすることが出来ます。すばらしいですね!

作者さんサイト
http://hpsoft.hp.infoseek.co.jp/soft.html
ダウンロードサイト(Vector)
http://www.vector.co.jp/vpack/browse/person/an022352.html

WakeMeUp!

非常に多機能な目覚ましソフトウェアです。PCをスタンバイモードにできるのもポイントですね。

http://www.vector.co.jp/soft/winnt/personal/se369250.html

ウェブサービス

おはようチューブ

指定時間に動画を再生します。強烈な動画で試してみたい。

http://jp.ohayoutube.com/time/

モーニングコール

モーニングコールサービス エリアフレンズ

モーニングコールをかけてもらえるサービス。世の中には色々なサービスがあるものですね。

http://www.morning-call.jp

時計(番外編)

駅時計

「駅にある時計」風の時計です。これ欲しい!

http://www.tht-software.net/download_tsclock.html

TVClock

ニュース番組の左上に表示されているアレのような時計。

http://www.geocities.jp/teamhasebe/download/software/tvclock/index.htm


目覚まし+ウェブ上といえば、男性用化粧品「AXE」のプロモーションが一時期話題になりました。サイトから登録すると女の人からモーニングコールがかかってくるという企画です。人間の行動のなかでも「睡眠」は重要なものですから、いろいろなサービスが考えられそうですね。


[関連ネタ]
なぜ目覚まし時計の直前に目が覚める?

商品やサービスを提供するうえで「対象となるユーザーを想定するのは大切なことです。その手法として「ペルソナデザイン」が話題に上がることが増えてきました。

ペルソナとは

ペルソナデザインとはなんでしょうか?

「企業が提供する製品・サービスにとって最も重要で象徴的な顧客モデルのこと」

引用元:ペルソナとは(ペルソナデザインドットネット)

そのモデル作りのことをペルソナデザインというそうです。以下の記事(広告?)で、ペルソナ作りの大まかな流れや予算感がわかります。

やってみましたペルソナ作り(Web担当者Forum)

けっこう専門的な知識が必要で費用がかかるんですね。

ペルソナ集積サイト

そこで考えてみたのですが、自由に「ペルソナ」を登録できるサービスがあったら面白そうですね。自分自身をモデルにしてもいいですし、架空の人物を作り上げてもいい。利用者は属性をしぼってペルソナを取得したり、ランダムにペルソナを取得したり、色々な使い方ができます。だったら実際のデータを使ったほうが早いんだけど…。


[関連サイト]
ペルソナとは(ペルソナデザインドットネット)
やってみましたペルソナ作り(Web担当者Forum)

なんかスゴいなと感じてしまうソフトウェアの紹介です。ゲノム配列解析を行う「Rfold」というソフトウェアものです。リンク先に書いてある説明を読んでも理解できません!

http://www.cbrc.jp/ja/news/20080408.ja.html

00.jpg

ゲノムを簡単に説明すると

「ある生物をその生物たらしめるのに必須な遺伝情報」

引用元:ゲノムとは(Wikipedia)

ということらしい。その情報を解析するソフトが「Rfold」ということなのでしょう。そんな高度なソフトがソースコードまで公開されてるのスゴい。

その他の「ゲノム配列解析」ソフトウェア

探してみると「ゲノム配列解析」のソフトウェアは他にもあるようです。

ゲノム解析ツール
http://www-btls.jst.go.jp/cgi-bin/Tools/index.cgi?lang=ja

「以下のゲノム解析ツールがご利用頂けます」と書かれていても、使いこなせる人がどれだけいるのか…。こうやって専門的な知識や技術がインターネットで伝搬する世の中って未来だなと素朴に思います。


[関連サイト]
生命情報工学研究センター

祖母ログという人気ブログがあります。ド直球な「祖母ログ」という名前がいいですね(調べてみたら「祖父ログ」という有名ブログは存在しないみたい。これはチャンス?)

祖母ログ
http://d.hatena.ne.jp/sobolog/

名前をつける

名前をつけるとき「○○ログ」のように4文字だと覚えやすいですね。いい名前をつけたものです。Wikipediaの「命名」を見てみると、「ビジネスにおける命名」として、ネーミング戦略が簡単にまとめられています。

例えば「省略形風のカナ4文字」のメリット・デメリットとして、、

メリット(省略形風であることによる)
* 元のフレーズや意味を推測させることで興味を引く
* 既存の言葉の組み合わせで、既存作品と被らないオリジナルなタイトルを新たに考案できる

メリット(カナ4文字であることによる)
* 4音と短いため人口に膾炙しやすく、キーボードからの入力も容易
* 文字数が少ないため、限られた面積をいっぱいに利用できる
* カナなので、文字の大きさに比して漢字よりも視認性が高い
* 文字を空間の中で大胆に配置したり、タイトルロゴにおいて文字を加工しやすいといったデザイン性に優れる

デメリット
* 見た側に何も想起させられない場合、その人にとっては全く無意味なタイトルになる
* 50音×4文字という性質からおのずと組み合わせが限られ、似たようなタイトルが増える(例:「まぶらほ」と「まほらば」)

引用:Wikipedia (命名)

なるほど「祖母ログ」は「祖母+ブログ」という元の意味を推測させていますし、「そぼろぐ」とオリジナルな語感を持っています。インターネットを利用するイメージからは遠い「お年寄り」とブログの組み合わせもインパクトあります。名前をつける機会があったら参考にしたいですね。